「ほっ」と。キャンペーン
風と小人
usakospace.exblog.jp

美しいもの、きれいなもの、好きなものに触れると心が動く、その瞬間に近づきたい。好き:ことば、心の動き、音。
最新のコメント
mayuさん,ごめんなさ..
by takumi at 23:05
☆kayさん、 (..
by mayu_0226 at 00:18
☆kayさま、 こ..
by mayu_0226 at 00:17
(つづき) でも、たと..
by kay at 00:59
こちらでははじめまして。..
by kay at 00:58
以前の記事
お気に入りブログ
エキサイト以外のリンク
(ようやく表示方法がわかりました☆順次追加の予定)


レジデント初期研修用資料
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スクーリング)イメージ編集1 前半

 コミュニケーションデザインコース3年必修科目イメージ編集1のスクーリング(前半)でした。

初日:
午前 前提講義というか、白尾先生リードで教科書「イメージ編集」を読んでいく。
午後 コンセプトドラフトを考える。テーマは文字を使った本(表紙込み16P)

2日目:
午前 朝一でコンセプト発表
午後 イラレ作業

3日目:
午前 イラレ作業、最終調整
午後 面付け、印刷、製本、講評

イメージ編集、という科目名を意識して、文字から想起されるイメージを文字だけを使って可視化することにした。のだけれど、最後の講評を聞いていると、「どれだけ面白いか」が評価されている印象を受けた。「このネタ面白いんですよ。私これ好きで」と講師がコメントする。え?そんな主観的な基準?ネタでいいの?二言目には「もっと時間があったらね。時間がないからね」それはわかってます。どのスクーリングでも同じです。時間がない中でどれだけ詰められたか、を評価する場だと思うんだけど。

もう一度やるとしたらどうすればいいのか、改善のポイントはどこなのか、今後努力が必要なのは着眼点か技術かなどなど、具体的生産的なコメントがほしいところなんですが、それを期待するのはなかなか厳しい印象。いつもながら、コミュデの成果物に期待されていること、結果の評価の視点がよくわからない。そもそも今回の課題で何を身につけることを期待されているのかからよくわからない。自分では(内面にある潜在的な)イメージを(他人と共有できるよう可視化して)編集する、と理解したのだけれど、どうやら違っていたようだ(かといって、何が正解なのかもわからないままだ)。

一般的に、成果物って

・何を表現するか/コンセプト:着想、着眼点、発想、切り口
・どう表現するか/表現手段:アプローチ、技、技術

に大別できると思っていて、見ているとどっちもあやうい。コンセプトがだめで「コンセプトは何?」と説明が必要な内容でも、見た目綺麗だったりインパクトがあればよし、とされていたり、コンセプトは面白くても、表現手段が追いついていなかったら「まだだね」となる。直感的に、多くの人に理解されるデザインを理想とすると、自分(だけ)が面白いものを突き詰めたとしても「so what?(だから何?)」となる。

デザインは問題解決だとすると、2次元での問題解決につながっていないからだろうか。自己満足というか、「楽しかったんだろうね、でもだから何?」と感じてしまう。何を持ってよしとする
/よくないとする、の視点がわからない。人に説明を求められたり、だから何?と思われたら、アートならいいけれど、デザインとしては失敗だと思っている。

美大ではコンセプトと表現手段の両方を身につけるのが理想なんだけど、通信ではどっちも中途半端な印象がある。通学の場合は入試がある&平日時間があるので、少なくとも表現技術は習得できる(量だから)。コンセプトを考えるのは、思考の体力の部分があって、美大というよりももっと広範な考えるトレーニングが必要になる。少なくともコンセプトを考えられるようにならないと、ただの作業者技術者として扱われることになるのではないかという危機感がある。
[PR]
# by mayu_0226 | 2015-06-15 21:18 | Comments(0)
ねじれ
 昨日の夜、だるいと思ったらまた微熱が出ていた。連休中は平気だったのに。
 ぴたりと止まってたのに今朝からまた咳が出る、喉が痛い。

 仕事に行く前から帰宅することを思っている。

 平日は何もする気が起こらなくて、最低限だけ対応して日付が変わる前に寝る。
翌日が休日の夜は、やりたいことがたくさんあって寝る時間がもったいないといつまでも夜更かしし、朝はいつもとおなじ時間に飛び起きる。

 ねじれている。仕事の方が1日の中で多くの時間を占めているのにこんな欺瞞に満ちた生活を続けていてもいいんだろうか。すべての根源はこのねじれに起因するのではないかとすら思う。半年ぶりに転職エージェントと連絡を取った。

 学校の課題はこれまで学んだこと今考えていることこれからやりたいことを総動員して取り組んでいる。自己満足と言われようと、そこまで求めていないと言われようと、とにかく考え抜き、やり尽くすことそれだけを自分に課している。全身を使って誰よりもたくさん考える。やりきった先で初めて見える景色がある。やればやっただけ、自分の問題意識は前に進み、思考は深まる。次はその前に考えたところから考え始めれば良い。

 ダメな人になりたい。正確にはダメな自分すらをも受け入れられるようになりたい。常に何かを頑張ること、大切な人に対して自分が何かをすることで、自分は自分の存在意義を認めていた。でもたぶんそれは違っていて、ただの見捨てられ不安だし、仮にうまく行かなくなった時に「自分はこんなにやったのに」という釈然としない思いにもつながる。自分を受け入れることができるようになって初めて、自分以外の誰かを受け入れることができるようになる。

 希望を持つことは大切なのだけど、希望を持ちつつ同時にいまここにいる必要がある。
希望を持って未来に行ってしまうと、結局今をないがしろにすることになる。

 不安定なのは満月に近づいていたからかと思ったけれど、満月を過ぎても気分は晴れない。もし今が底なのならば、あとは上がるだけだ。いい時もあれば悪い時もある、波のように。
[PR]
# by mayu_0226 | 2015-05-07 22:16 | Comments(0)
照明実習と夜更かし
 連休はスクーリング、照明を使った実習だった。
白色の物体が光の当て方一つでまったく表情を変えるのはとても面白い。
光を外から当てているのに、角度によっては行灯のように中からこぼれてくるようにも見えたりもする。微妙な色の違いによって、燃えているように見えたり、凍りついているようにみえたりする。

 ひかりがあって、暗闇がある。
 暗闇があって初めて、ひかりが見える。
 
 どっちがいいとかどっちが悪いとかではなく、ふたつでひとつ、おなじもの。

 暗闇が暗いほど、ひかりは明るく見える。
対比の問題であり、ひかりと闇の関係性でもある。


 なんとなく人の性格のことを思った。 
暗闇を抱えているから明るいのかと思って、でもふと暗闇を感じないのに明るい人もいて、これはただの性格の違いということなんだろう。

 暗闇もひかりも考えたことすらないような、あっけらかんとした明るさに憧れる。わたしは持ち合わせていない。いま身近な人はそれを当たり前のように持っている。わたしはまるでその人の明るさに当たるかのようにその人の方向へと手を伸ばす。
[PR]
# by mayu_0226 | 2015-05-06 01:28 | Comments(0)
最終年度の履修登録

 履修登録完了、教科書が届きました。
mau最終年度の今年の後半には卒業制作もあるので、できるだけ前倒しで進めたいところ。
コミュニケーションデザインコース3年生の専門科目も3つ取っていて
これがどのくらい大変なのかにかかっています。
2年次から取りたかったガラスをようやく登録。楽しみです。

○造形文化科目/総合科目
コミュニケーション論
映像文化論
ワークショップ研究I

彫塑IV
工芸II
ガラス基礎実習II
ファッションデザイン

○専門科目
(コミュニケーションデザインコース 3年向け)
メディア環境論
イメージ編集I
コミュニケーション研究I

(スペースデザインコース4年生向け)
空間設計I
空間設計II
スペースデザイン研究
卒業制作
[PR]
# by mayu_0226 | 2015-04-05 19:33 | Comments(0)
武蔵野美術大学 通信課程3年生(2年目)振り返り
68単位スタートで始まった3年生。2年生の最後、土壇場で進級に向けて死にそうになった教訓を生かして計画的に進めました。
結果、登録上限の40単位をすべて履修、4年生は108スタートです。

卒業には最低124単位が必要で、さらにその前段階の卒業制作のための要件は4年生の10月までに108単位なので、これはすでにクリア。2年編入、3年間で卒業できそうな予感です。

3年次履修科目

卒業には一般教養の単位が必要なので、仕方なく、の科目群。
・文章表現II
・民俗学                      
・音楽論                      
・英語I
・身体運動文化研究
・情報社会倫理論
・情報職業論                        
→理想的には、すでに一度大学を出ている場合にはこの辺りの科目は免除してもらえると、美大っぽい科目に集中できてよいのではないかと思います。
民俗学、音楽論は意外に楽しかった。特に音楽論はネット提出&採点早いのでとても助かりました。
音楽論、英語Ⅰはテストでした。英語は高校のテストみたいな翻訳、穴埋めなので、テキストをちゃんと読んでおかないとね。
レポート系は気が向いた時にさらさらっと書いて提出しました。
以上は比較的難なく取れた13単位。

・デザインマネージメント
→課題は4つあってバリエーションに富んでいるのでどれも楽しかった。ネットで提出できるのも、採点も早く利便性高くてよいですね。デザインに興味ある人へのオススメ科目。
・演劇空間論
→2000字*4回の手書きレポートは厳しい。手書きを何とかネット提出可へ移行してほしい。テストは楽しかったです。
・ 映像メディア表現II
→昨年度の積み残し。写真の科目は少ないので、毎年取りたい。写真表現は深いですね。                       
・図法製図I
・図法製図II
→図面やパースを書けるようにと思って履修したものの、これだけではまだ足りない感じがします。図面作成技術の習得にはある程度の量も必要だと思うんですよね。でもこれ以上取れる科目がない。。。

専門科目
・グラフィックデザイン基礎II
→昨年度の積み残し。継続履修。昨年度履修済みのグラフィックデザイン基礎Iと併せて専門コース指定科目を履修したので、今後コミュニケーションデザインの3年生必修科目を履修することができるようになります。
・工芸工業デザイン基礎I
・工芸工業デザイン基礎II
・スペースデザイン論
→専門の科目は面白いですね。とにかく今の自分を出し切って「やりきる」ことをテーマに楽しみながら取り組みました。

ということで、来年度の履修登録です。
実技系を多めに、また、コミュニケーションデザインコースの3年必修科目も併せて取ろうと画策中。
                       
[PR]
# by mayu_0226 | 2015-03-16 21:23 | Comments(0)
開いて在る

 お風呂に入ろうと思ったら、洗濯物が十分に乾いてなかった、ので、再度乾燥機をつけて乾くのを待っている。

 開いて在ること。
人とのやり取りには、自分が開いて在ることが、すごく大切なんだと思う。「さあ、どうぞどうぞ」と自分をがさっと開くことによって、やり取りの中で相手から光を当てられた自分のある部分が見えてくる。ああ、自分にはこんな一面があったのか、と驚く。それがやり取りの醍醐味だとも思う。「どう思われるかな」「どんな反応を期待しているのかな」なんて余計なことを考えたりもするけど、そんなことよりも目の前の会話に集中して一期一会の質を上げていく方がよっぽどいい。

 学校の課題もそうだけど、課題も会話もただのスタート地点に過ぎない。会って顔を見ながら話して、また別々の時間に戻ってその場面を反芻する。ああ、そういう意味だったのか、もっとこういう言葉を使えばうまく伝えられたな、と思い返す。そうした「ひっかかり」の多い会話は、消費される会話が多い中で貴重だ。
 
 言葉を信じています、言葉は信じていません。時々言葉で共有したくなることがある。相手には問いつめているように感じられるかもしれない。言葉を選びながら伝えられたその一言一句を私は完全に信じる訳でもないのだけど、感じていることを言葉という形にして差し出されることに安堵するのかもしれない。

c0073314_21245350.jpg

[PR]
# by mayu_0226 | 2014-05-11 21:24 | Comments(0)
2014 初スクーリングその他

 新学期が始まって、去年のような死にそうな思いを年度末にしたくないなどと思って、課題に取り組むスケジュールをエクセルで作り、淡々とこなしている。こんなに前倒しでやっていると、もう私死んじゃうんじゃないか(だからこんなに行き急いでいるんじゃないか)と思ったりもするのだけど、死なない。今年度はレポートが多いこともあって、それはだいたいひとつ2000字なのだけど、そのペースも掴めてきた。やっぱりテーマに対して、調べて、まとめる、という作業が好きみたいで、嬉々として取り組み、書き終わって大抵「ああ、楽しかった」と思う。知らない世界や視点の存在を知り、足を踏み入れるのは刺激的だし、世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあるのだった。

 連休はスクーリングで、図面をひいたり絵を描いたりしていた。出来上がったものを他の学生と並べてみると、ちんまりしていて性格が出ている。細部にこだわる前に全体感が大切なのに、夢中になると細かいところばかりが気になってしまう。昨年デッサン教室で習ったことをちゃんと思い出しながら書かないといけない。たった3日でも朝9時から夕方18時くらいまで同じ教室にいると、何となく仲良くなるもので、連絡先を交換した。通信課程は基本的に個人作業が多いので、スクーリングでできた繋がりは大切だ。その勢いで、予定外だったけど、帰宅してからその科目の課題も終わらせた。

 課題をやっていると、大学受験の勉強をしていた頃のように一日があっという間で、顔を上げると夕方になっている。何かを新しく学ぶことはいつも楽しい。一方で、本来目を向ける必要のある「何か」から目をそらしているのではないか、という懸念もあったりして、そのバランスが難しい。とりあえず、明日朝一で、今日ネットで提出した以外の残り3つの課題を提出しようと思う。
[PR]
# by mayu_0226 | 2014-05-06 18:20 | Comments(0)
春の散歩

卒業までの2年(予定)で、写真をちゃんと撮れるようになりたいと思っていて
週末はカメラを持ち歩くようにしています。

 お天気もよかったので、春のお散歩へ。
c0073314_2245138.jpg


c0073314_2245861.jpg

菜の花よりも、菜の花を撮っている人に興味が向いてしまい。
デジカメが身近になったことによって、人はその場所ではなく写真を共有するであろう未来の空間に生きているのかもなんて思ったり。

c0073314_225234.jpg


 菜の花はそろそろ終盤でした。
今年はなぜかここの菜の花がずっと気になっていてようやくでした。
 
 春です。
[PR]
# by mayu_0226 | 2014-03-23 22:08 | Comments(0)
3年生の履修登録

 ようやく履修登録をしました。
せっかく2回目の大学なので、実技系をたくさん取りたかったのですが、
大学のカリキュラムは美大であれ普通大学であれ、大枠が決まっているらしく、
いわるる一般教養も取らないと卒業できないということがわかりました。
ということで、昨年の反省も踏まえて、少し戦略的に履修登録をしました。

文章表現2
デザインマネジメント
民俗学
身体運動文化研究
英語1
音楽論
演劇空間論
情報社会倫理論
情報職業論

(継続)映像メディア表現2
(継続)グラフィックデザイン基礎2
図法製図1
図法製図2
工芸工業デザイン基礎1
工芸工業デザイン基礎2
スペースデザイン論
ーーーー
合計40単位

3月は課題提出ができない期間なのですが、前倒しでレポートを書き始めています。
去年は実質後半4ヶ月位しか課題に取り組んでいなかったので、
今年は前半からさくさく提出していきたいものです。

3年生から4年生への進級判定はないようですが、
4年生8月の時点で108単位あることが卒業制作の要件になるようです。
なので、今年はこの40単位全部の単位取得が目標です。

本当は、デッサンとかガラス基礎実習とか、取りたい実技系がたくさんあるんだけど
それは来年のお楽しみにしておきます。
[PR]
# by mayu_0226 | 2014-03-21 22:23 | Comments(0)
日々
 カメラを片手に散歩しました。
芝公園は梅も桜も咲いていました。春はすぐそこ。

c0073314_22494779.jpg


c0073314_22492978.jpg


 
 
[PR]
# by mayu_0226 | 2014-03-02 22:50 | Comments(0)
武蔵野美術大学 通信課程2年生(1年目)振り返り
 2月も終わりですね。
本当に「逃げる」かのように1月2月が過ぎていきました。
ムサビ通信は2月28日が課題提出締め切りなのですが、
今週月曜に最後の課題を提出し、何となくその先のことを考えられるようになりました。
3月は採点のみで、その結果を受けて4月以降の進退が決まります。
美大生1年目が終わりつつあるので、振り返っておきます。

 大学は4年間で124単位が卒業に必要な最低単位です。
私は2年生編入なので、38単位が既取得単位として認められていて、
3年生進級に必要な62単位のうち、この一年で最低限必要な単位は24単位です。

2013年度 
(単位取得済み科目)
・コンピュータリテラシーIII          
・ カメラリテラシー            
・ 色彩学            
・ 造形基礎I            
・ 造形基礎II            
・ 造形基礎III            
・ 造形基礎IV             
・パッケージデザイン            
・ 編集デザイン            
・ インテリアデザインI            
・ インテリアデザインII            
・ グラフィックデザイン基礎I
ーーーーー
合計30単位

(来年度継続履修の予定) 
・ グラフィックデザイン基礎II 
・映像メディア表現II

(未着手、断念)
・ イラストレーション            
・ 映像メディア表現I 

で、3年生は68単位からスタートです。

春からスクーリングには行っていたものの、実は課題には全く取り組んでなくて、
ようやく11月頃から少しずつ始めたという感じなので、ひそかに大変でした。
一度出してすぐにOKが出ず再提出になることもあり、そうなると予定も狂うんですね。
来年度はもう少し計画的に取り組みたいと思います。 

 課題は単位が出たらそこで終了という印象がありますが、
美大の課題に取り組んでみて、課題は考えるきっかけを与えてくれるにすぎなくて、
採点が済んだところから、もう一回取り組みたいような気になっています。
レポートもう一回書きたいなんて思ったことないから、対照的ですね。正解がないからなのかな。               
 たぶん春から3年生です。前期の授業料も振り込みました。
建築系と実技系をメインにとりたいです。
[PR]
# by mayu_0226 | 2014-02-27 20:09 | Comments(0)
企業のナレッジを医薬品のサプライチェーンに活かす
タンザニアで、医薬品をどうやって隅々にまで行き渡らせたか。
いろんな枠組みが溶け合っていって、これからどんどんつながっていくんだと思う。
考えるヒントがたくさんある。3分程度なのでどうぞ。

http://youtu.be/HRqfaFAxLvE
[PR]
# by mayu_0226 | 2014-01-18 02:13 | Comments(0)
メモ)補い合う

 今年もありがとうございました

 も、
 
 明けましておめでとうございます

 も、

ないブログですが。そもそもまだ読んでくださっているのかどうかも分かんないですが。

 
 最近気づいたことがあるんです。
人との関係はバランスなんです。だから自分でなんでもがんばらなくていい、がんばらない方がいい。
むしろ「これはできません」「助けてください」というメッセージを送ることで
相手との間が凸凹でうまくいく。
逆に言うと、相手ができないからといって何でも手助けすると、
よかれと思ったことなのに、相手をもっとだめにしてしまう。
手助けする人/手助けしてもらう人、という構図に落ち着いてしまう。

 無理にがんばってない人には、力を抜いている魅力があります。
 周りの人をほっとさせる空気があります。
 がんばれていない自分を笑える余裕があります。
 
 周囲の人が手を差しのべてくれます。

もうがんばるのはやめよう。できないことはできないんだから、誰かの力を借りればいい。

がんばることで、近寄りがたくなっていたのかもしれない。
できないのー、あはは。という一年にしたいです。

 でもその前に、なんとか大学3年生に進級したいです。
矛盾しているようですが、ここはちょっとがんばります。でもできないことはできない、ということで、できる人に助けてもらいます。よろしくお願いします。
[PR]
# by mayu_0226 | 2014-01-18 02:04 | Comments(0)
(メモ)秋、夜長

 ちいさい頃にずっと習っていたのですが、高校で中断したままでした。海外で忙しく働く友人がピアノを習っていると聞き、それなら私にもできるかもと突然思い立ち、5年程前に再開しました。実家で弾いていたピアノを自宅に運び込み、毎朝少しでも触れてから出社しています。

 中でもバッハが好きです。堅苦しく埃っぽい音楽にも聞こえるのですが(実際古典ですしね)、弾くにつれ、いくつもの旋律が潜んでいて、音が縦にも横にも絡み合いながら流れていく様が見えてきます。白黒の楽譜から色鮮やかな風景が立ち上がる瞬間に、なんともわくわくします。
 
 たとえば深呼吸、たとえばランニング、たとえば瞑想。人がそれぞれ持っている気持ちを整えるための手段。それが、私にとってはピアノです。

 音は消えてなくなるのもいいですね。一回きり、あっという間に過去です。弾かないまでも、音楽をただ聴いてみるだけでも、秋の夜長、何か発見があるかもしれません。

------
社内向けに書いたので、記録用に残しときます。
[PR]
# by mayu_0226 | 2013-10-16 15:32 | Comments(0)
夢中になる

美大生なんだけど実は、デッサンしたのだって、小学生以来だった。個人の家庭教師(美大卒の友達なんだけど)に文字どおり手取り足取り、鉛筆の削り方、練り消しの使い方から教えてもらいながら必死に課題に取り組んでる。冷静に、そんなに大変なのになぜ?今さら絵を描くの?聞かれたとしても、全然うまく答えられないのだった。

時間が経って振り返ってみて初めてわかることがある。とりあえず今は夢中になって課題と格闘しています。ピアノの集中ともまた違っている。なにしろ何もできないのだから、矢印は、できるようになる、という一方向にのみ開かれている。一枚デッサンすると、課題がみえてくる、よしもう一枚描く、少しうまくなる。できなかったことができるようになるたのしみ。素晴らしい。自分に甘いので、わあ、こんなにできるようになった、ここの影が気持ちよく描けた、と、誉めるところにはことかかない。学びの基本かもしれないなあとも思う。

生きている感じかする。無謀な挑戦に夢中になっている。気長に。
[PR]
# by mayu_0226 | 2013-10-07 20:39 | Comments(0)