風と小人
usakospace.exblog.jp

美しいもの、きれいなもの、好きなものに触れると心が動く、その瞬間に近づきたい。好き:ことば、心の動き、音。
「人を殺したいの」

背景にある動機が、欲望であれ衝動であれカタルシスであれ、
発言の意図が、深く考えていないただ何となく冗談のような軽さであれ、自分の中にとどめる限界をついに超えて外にこぼれ出してしまった言葉であれ、
「無差別に人を殺したいの」と友達に言われた時、どんな反応をしたらいいか。


例えば、心理学の授業では、カウンセリングの一技法として「そうなんですね、誰でもいい、人を殺したいという気持ちがあなたの中にあるんですね。しんどいですね」と、「共感的姿勢」を持って受け止める、「傾聴」する、と習ったけど、違和感がある。「自分はそう思わないけれど、まあそれはおいておくとして」と、切り離し、安全地帯から発言している。上から目線と言ってもいい。相手が痛みを持って二人の前に差し出した痛みに対して、自分の痛みを持って返していない。もし私が相手にそんな反応を返されたら、黙って席を立つ。


例えば、カトリック教会の懺悔。神父さまは何て返事をしているのだろう。
例えば、精神科の診察室。精神科医は何て返事をしているのだろう。


相手と同じ深さまで一度降りて行くことで、初めて共有できるものがある。同じものを見ることができる。でも、ぎりぎりのところで、その人と手をつないで、その気持ちもまるごと抱えながら、でも相手と違う視点で考える必要がある。対立する二つの視点を自分の中に持ち合わせる。相手に導かれるまま一緒に深くまで潜る。潜ったところで、手をつなぎ顔を見合わせたのを確認して、二人の力で一緒に浮上する。

と書いてみても、頭でだけわかっている、どこか浮ついたものを感じる。自分の手触りとして、まだお腹まで落ちていない。


その人の一回性に立ち会うこと。


最近これによく似た状況があった。相手に言葉を投げかけられて一番に思い浮かんだ言葉を、思いを込めて脊髄反射的に返した。
思い浮かんだ言葉を届ける決心が付くまでに時間がかかった。自分の一部分を切り取って差し出した感じすらした。それはとても不思議な感覚だった。でも果たしてそれでよかったのか、繰り返し考えている。相手の心理状況、わたしの状況、相手との関係性など、考慮すべき変数はたくさんあって、正解などないんだろうなとは思う。自分が試される。



ねぇ、もしも「無差別に人を殺したいの」と友達に打ち明けられたら、なんて返事をしたらいいの?
[PR]
by mayu_0226 | 2011-01-17 19:43 | Comments(4)
Commented by kay at 2011-01-22 00:58 x
こちらでははじめまして。twitter で
follow させていただいているものです。
自分なりの答えを、ささやかに探していました。

おっしゃっていることに首肯するばかりで、
一回性、正解はない、というのもそのとおりと思うのですが、
もしも「無差別に人を殺したいの」(「無差別に人を殺すぞ」でもなく)と
友達に打ち明けられたら、僕は、たぶん、最大限出来たとして、
その人の手を取って、引き寄せて、ハグをして、
彼/ 彼女の背中を2,3度ポンポンとたたいて、どうした? と
声を掛けるのではないかと、思います。
あるいは、彼/彼女 にとどかない距離であるならば、
その人の瞳をかなしい目で見ていて、
あるいは涙がこぼれてきたりするかもしれません。
(つづく)
Commented by kay at 2011-01-22 00:59 x
(つづき)
でも、たとえばそれが、自分の子どもだったら。
そのときは、mayu さんのほうが、自分の子どもを
抱きしめられるのかもしれません。
僕も、おそらく、うん、と深く一度うなずく。
そして深呼吸をする。
そのあとは、とどかない距離にいる友とおなじように、
それよりもいまの僕の知らない仕方で、
「散歩に行かないか?」 のようなことをいうと思います。

朝、春、そして光、の写真、美しいですね。
僕が伝えられるようになりたいのは、
こういうことなのかと思います。

そしていろいろなことのある毎日に、
あたたかな朝の陽が差し込みますように。

長文、失礼いたしました。
Commented by mayu_0226 at 2011-01-23 00:17
☆kayさま、

こんばんは、こちらでははじめまして。来て下さってうれしいです。コメントありがとうございました。私もノンバーバルなコミュニケーション、もっと言えば人と人との間でやり取りされる気の力を信じていて、もし相手が目に見え手の届くところにいたら、その言葉ごと相手を抱きしめたと思います。誰かの体温でとけだす暗い心のかたまりがあると思うから。

今回難しかったのは、一連のやり取りが携帯メールだったということです。リアルに知っているものの数ヶ月会っていない、ブランクの数ヶ月が誤差だと言える程長い付き合いでも深い付き合いでもありませんでした。さらに相手は私にフラットな感情しか抱いていなかった(続く)。
Commented by mayu_0226 at 2011-01-23 00:18
☆kayさん、

(承前)逡巡した後、「ならば、私を殺したら」と送りました。それでもいいと思いました。自分を差し出すってこういう感じなのかなと思いながらでした。彼はそうしたいと本能的に反応した後みずから、自分の始めの言葉の意味に気づき、はっとしたようでした。私の返信はそれでよかったのか、その人の気持ちに寄り添えたのかどうなのか、その後もずっと考えています。

コメントありがとう。こちらでもよろしくお願いしますね。