風と小人
usakospace.exblog.jp

美しいもの、きれいなもの、好きなものに触れると心が動く、その瞬間に近づきたい。好き:ことば、心の動き、音。
(メモ)秋、夜長

 ちいさい頃にずっと習っていたのですが、高校で中断したままでした。海外で忙しく働く友人がピアノを習っていると聞き、それなら私にもできるかもと突然思い立ち、5年程前に再開しました。実家で弾いていたピアノを自宅に運び込み、毎朝少しでも触れてから出社しています。

 中でもバッハが好きです。堅苦しく埃っぽい音楽にも聞こえるのですが(実際古典ですしね)、弾くにつれ、いくつもの旋律が潜んでいて、音が縦にも横にも絡み合いながら流れていく様が見えてきます。白黒の楽譜から色鮮やかな風景が立ち上がる瞬間に、なんともわくわくします。
 
 たとえば深呼吸、たとえばランニング、たとえば瞑想。人がそれぞれ持っている気持ちを整えるための手段。それが、私にとってはピアノです。

 音は消えてなくなるのもいいですね。一回きり、あっという間に過去です。弾かないまでも、音楽をただ聴いてみるだけでも、秋の夜長、何か発見があるかもしれません。

------
社内向けに書いたので、記録用に残しときます。
[PR]
by mayu_0226 | 2013-10-16 15:32 | Comments(0)