風と小人
usakospace.exblog.jp

美しいもの、きれいなもの、好きなものに触れると心が動く、その瞬間に近づきたい。好き:ことば、心の動き、音。
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 05月
more...
お気に入りブログ
エキサイト以外のリンク
(ようやく表示方法がわかりました☆順次追加の予定)


レジデント初期研修用資料
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「人を殺したいの」

背景にある動機が、欲望であれ衝動であれカタルシスであれ、
発言の意図が、深く考えていないただ何となく冗談のような軽さであれ、自分の中にとどめる限界をついに超えて外にこぼれ出してしまった言葉であれ、
「無差別に人を殺したいの」と友達に言われた時、どんな反応をしたらいいか。


例えば、心理学の授業では、カウンセリングの一技法として「そうなんですね、誰でもいい、人を殺したいという気持ちがあなたの中にあるんですね。しんどいですね」と、「共感的姿勢」を持って受け止める、「傾聴」する、と習ったけど、違和感がある。「自分はそう思わないけれど、まあそれはおいておくとして」と、切り離し、安全地帯から発言している。上から目線と言ってもいい。相手が痛みを持って二人の前に差し出した痛みに対して、自分の痛みを持って返していない。もし私が相手にそんな反応を返されたら、黙って席を立つ。


例えば、カトリック教会の懺悔。神父さまは何て返事をしているのだろう。
例えば、精神科の診察室。精神科医は何て返事をしているのだろう。


相手と同じ深さまで一度降りて行くことで、初めて共有できるものがある。同じものを見ることができる。でも、ぎりぎりのところで、その人と手をつないで、その気持ちもまるごと抱えながら、でも相手と違う視点で考える必要がある。対立する二つの視点を自分の中に持ち合わせる。相手に導かれるまま一緒に深くまで潜る。潜ったところで、手をつなぎ顔を見合わせたのを確認して、二人の力で一緒に浮上する。

と書いてみても、頭でだけわかっている、どこか浮ついたものを感じる。自分の手触りとして、まだお腹まで落ちていない。


その人の一回性に立ち会うこと。


最近これによく似た状況があった。相手に言葉を投げかけられて一番に思い浮かんだ言葉を、思いを込めて脊髄反射的に返した。
思い浮かんだ言葉を届ける決心が付くまでに時間がかかった。自分の一部分を切り取って差し出した感じすらした。それはとても不思議な感覚だった。でも果たしてそれでよかったのか、繰り返し考えている。相手の心理状況、わたしの状況、相手との関係性など、考慮すべき変数はたくさんあって、正解などないんだろうなとは思う。自分が試される。



ねぇ、もしも「無差別に人を殺したいの」と友達に打ち明けられたら、なんて返事をしたらいいの?
[PR]
by mayu_0226 | 2011-01-17 19:43